大規模修繕工事を神奈川県で行いました

マンションの大規模修繕工事を神奈川で実施しました

規模修繕工事をすることになりました管理会社に相談工事の目的は事故防止や美観・快適性向上、居住性や機能性向上マンションの大規模修繕工事を神奈川で実施しました

自宅マンションは平成15年に竣工した80戸程度の規模の神奈川県の物件です。管理組合には当初から関わりを持っており、施工会社の選定や住民での工事に関する推進状況に関する調整などを行ってきました。入居以来初めての大規模修繕工事でしたが、様々なポイントにおいて施工会社との打ち合わせと住民への理解や協力を求めていったこともあり、思っていた以上にスムーズに工事を終えることができてホッとしています。概ね住民の方々も満足していただいているようで、実施後に管理組合が独自に行なったアンケートでは満足度が90%を超えておりとても安心しました。マンションは準大手のディベロッパーの物件ですが、管理においては組合が一貫して実施している自主管理を推進していて、回収場所や予算面などを複数回の会議を通して確認していきました。大規模修繕工事を受け付けているメンテナンス会社や建築会社は多くありましたが、積み立てていた約1億円の中から7,000万円を拠出してできるだけ多くの箇所を適切に補修してもらうことを目指しました。結果として外壁補修と塗装、エレベーターの更新、共用部分の大規模改造などを含めた工事をほぼ予算通りの7,048万円で実施することができました。マンションの資産価値を守ることができ、次回の大規模修繕工事に向けた予算を残すこともできましたので満足しています。